院長あいさつ・理念と基本方針

 当院は、50床を有する回復期病院であり、主に多根総合病院で急性期加療を受けた後の患者さんのリハビリテーションを担っています。 対象となる疾患は、脳卒中、脊髄損傷、骨折、変形性関節症の手術後などです。 病院名に「脳神経」とあるように、脳卒中などの脳神経系疾患の患者さんが多く入院しています(70%程度)。 当院は、基本的な人員(医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、薬剤師、栄養士)のみならず、リハビリテーション科専門医、リハビリテーション認定看護師、呼吸療法認定士、社会福祉士、診療情報管理士などの有資格者を揃え、各専門職は標準以上の能力を備えていると自負しています。 実際に、平均以上のリハビリテーション量(1年365日休みなし、患者さん1日1人当たり2時間以上)を提供し、「リハビリテーション病棟入院基本料Ⅰ」に必要な数字(重症度の高い患者さんの入院割合:30%以上、重症度が高かった患者さんの中で大きく改善した割合:30%以上、自宅に退院できた患者さんの割合:70%以上)を満たし、平均以上の成果をあげています。 また、当院を退院した患者さんのアフタケアとして、必要に応じて、外来や訪問でのリハビリテーションを実施できる体制をとっています。「病院」としての機能は弱い面がありますが、多根総合病院との連携により、患者さんの病状に合わせた対応が可能になっています。 傑出した特徴があるわけではありませんが、保険診療の範囲で可能な方法は実施できますので、少なくとも「標準的なリハビリテーション病院」とは言えるでしょう。 今後の高齢化社会では、リハビリテーションの必要性はますます高まると予想されます。当院も、「ヒト」と「モノ」の向上をはかり、提唱されている「地域包括ケアシステム」の一翼を担うことができるように、病棟内外の機能を高めていきたいと思います。


多根脳神経リハビリテーション病院 院長 奥田 佳延

社会医療法人きつこう会 多根脳神経リハビリテーション病院

社会医療法人きつこう会 多根脳神経リハビリテーション病院

〒552-0011
大阪市港区南市岡1-1-45

大きな地図で見る

交通アクセス

お問い合わせ

日帰り手術センター

国内最大級の実績と経験!
日帰り手術を専門に行う施設です。

高精度放射線治療

放射線治療科を創設。
高精度放射線治療が可能に!!

内視鏡

さまざまな工夫をして、苦痛のない内視鏡検査を目指しています。

医療関係者の方へ

地域連携窓口

かかりつけ医、医療関係者の
方が当院と連絡取る際に。

臨床研修センター

随時病院見学を行っています。
お気軽にお問い合わせ下さい。

看護部

就職、転職でお悩みの方へ
看護師募集中です!

KHS求人情報

地域の医療と福祉に携わる。
KHSの求人情報。